ブログトップ

えだもも日記

edamomo.exblog.jp

海苔巻

またまた怒涛のように過ぎた1月。
月末、毎月のお便り発送が無事終わり、
ホッとしています。
2月の薬膳レシピの紹介は
「恵方巻」にしました。
7福(種類)を込めた特製恵方巻です^^

恵方巻は一気に食べるので、
中巻き(酢飯150gぐらい)がちょうど良い大きさですが、
今回の試作は太巻きにしました。

d0157946_12164424.jpg

■寿司酢の割合(寿司飯6合分)
・米酢  180ml
・砂糖  大5
・塩  大1強
*長期保存(半年ぐらい)が可能なので、まとめて作って
おくと便利です^^
いなり寿司やちらし寿司が簡単に作れるので楽しみ♪

■寿司飯の作り方

1、少し硬めに炊いた米を寿司桶(またはボウル)に移し、
  分量の寿司酢を、全体にまわしかける。寿司酢がごはんに
  浸透するように、10秒ぐらい待つ。ごはんがつぶれないよう
  素早く、米を切るように混ぜ合わせる。

2、全体に混ざったら、寿司飯を拡げて、うちわで冷ます。
  人肌まで冷めたら、一つにまとめて、ぬれさらしをかぶせておく。

■材料
・ごはん  2合(約700g)
・寿司酢  70ml. 
(ごはん10:寿司酢1の割合)
・カニ缶 50g
・むき海老 20尾
・煮穴子 2尾
(昆布だし100ml、酒大1と1/2
 みりん・砂糖・醤油各大1)
・卵  2個
(砂糖大1/2・塩少々)
・干し椎茸(千切り)  2枚
(椎茸の戻し汁1/2カップ・醤油大1弱・砂糖大1強)
・きゅうり(縦に4等分)  1/2本
・紅ショウガ  適量
・海苔  4枚

■巻き方

1.まきすを広げて、海苔をおき、海苔の手前(1cmぐらい)と
  向こう側を2cmほど開けて、酢飯(150g)を数か所に分けてのせる。
  指をぬらしながら平らに広げる。

2.酢飯の真ん中から少し下に、具をのせていく。
  手前に芯となるきゅうりをのせ、順番に具材をのせていくと
  巻きやすい。

3.手前からまきすごと織り上げ、具が崩れないように指で押さえながら、
  最後まで巻き上げる。

穴子や干し椎茸を丁寧に煮たり、蟹や海老などいい素材を使ったので
我ながら、☆☆☆でした。

簡単にできるキムパッも美味しいけど、日本の食文化がつまった
海苔巻は、別格の美味しさ!!和食って素晴らしい☆

皆さまにたくさんの福が降り注ぎますように~

ブログを読んでくださる皆さまに感謝です。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチっとお願いします。
[PR]
by edamomoA | 2012-02-01 12:19 | 冬の薬膳
<< 煮穴子丼 ぶりの雪見しゃぶしゃぶ >>