ブログトップ

えだもも日記

edamomo.exblog.jp

カテゴリ:夏の薬膳( 28 )

甘酢みょうが oishii

な~んて豊かな色なんでしょう~
d0157946_21453110.jpg

みょうがは、ゆでて甘酢につけるととっても美しいあけぼの色に染まります。
まさに、和の色!この色を見るたびに、夏を感じ、短い季節の中でしか味わえない
幸せを感じます。

みょうが(8個ぐらい)の軸に十文字の切り目をいれ、約3分ゆで
甘酢(酢1/3カップ、水1/4カップ、砂糖大1 1/2、塩小1/4)
に漬ける。
d0157946_2251298.jpg

夏ばて気味の体を、しゃきっとさせてくれます。
しょうが、みょうが、ゴマ、梅、じゃこ、きゅうりで夏ごはん
[PR]
by edamomoA | 2010-08-12 22:06 | 夏の薬膳

とうもろこしスープ oishii

まだまだ残暑厳しい今、
キッチンでなるべく暑い思いをせず、手早く、美味しく食べられる一品。

d0157946_1044511.jpg

ピューレ―状にした生トウモロコシを和風のお出汁でのばしたコーンスープ。
だし汁の割合を多くすると、のど越しよろしく、食欲のない朝でも美味しく
いただけます^^ちょっと面倒でも、しっかり出汁をとるのが美味しさの秘密☆
温めても、冷たくしてもGood!モロコシの甘さがイイ感じです~

① とうもろこし(1本)を、生のまま包丁でそぎ落とし、ミキサーでピューレ―状にする。
② お出し(2カップ~2と1/2カップ)に、①と酒(大1)を混ぜて、煮立てて塩コショウで
   味を整える
③ ②に水溶き片栗粉でとろみを加えながら、1~2分ほど煮る。
   松の実をトッピングしました016.gif
[PR]
by edamomoA | 2010-08-11 11:00 | 夏の薬膳

夏バテ予防にカレーなる揚げトン

もうすぐ立秋(8/7)を迎えますね~
暦の上では秋ですが、残暑厳しくそろそろ夏の疲れがたまる時期だと思います007.gif
体調を崩しやすくなるので、無理は禁物!
特に今年の夏は例年以上に暑く、体力を消耗された方も多いのでは~
そんな夏バテさんにおススメな食材は、ズバリ「豚肉」。
豚肉には疲労回復の効果があるビタミンB1が多く含まれているのが特長です。
しかもこのビタミンB1は、にんにく・ねぎ・玉ねぎなどと一緒に摂ると、体内での吸収がぐ~んとアップ。
豚肉を食べるときは、薬味と合わせて食べるのがとーても賢い食べ方なんです。

今回ご紹介するレシピは、その名も「カレーなる揚げトン」。
やっぱりたんぱく質は大事です!
カリッ、サクッ、ジューシーな豚の旨味と柑橘の酸味が食欲そそります~♪
d0157946_18114930.jpg

材料 ( 2人前 )
豚ひれ肉 200g  (代謝促進・疲労回復)
レモン(柑橘類なら何でも) 1/2個  (ビタミン補給で抗酸化)
ルッコラ(緑のものなら何でも) 適宜
■片栗粉 適宜
■ ・・・肉下味・・・
カレー粉  大1
醤油  大2
オイスターソース 大1
ニンニク 1かけ(ビタミンB1の吸収さらにアップ)
■ ・・・ドレッシング・・・
玉ねぎのみじん切り  大1 (ビタミンB1の吸収さらにアップ)
醤油 大1
ごま油 小1
ゆず酢 大1
砂糖 小1/2

1、豚ひれ肉を2cmの厚さに切る
2、肉に下味を15分ほど漬け込む
3、2に片栗粉をまぶし、中火で揚げ、熱いうちに食べやすい大きさにカットする
4、お皿にルッコラと食べやすい大きさにスライスしたレモン、お肉を盛り、ドレッシングをかける
[PR]
by edamomoA | 2010-08-06 18:19 | 夏の薬膳

夏のクラムチャウダー

救心さんの勉強会に参加してきました。
お題は金よりも高価な生薬として名高い「牛黄」について
またしても目から鱗の為になるお話で、感動しまくりでした。

病気予防のキーワードは、漢方でいうところの「気血の巡り」
そして牛黄は活性酸素を強力に除去するという薬効を持っています。
活性酸素をいかに体の中で発生させないかが、病気予防、はたまた
アンチエイジングにつながります。
しかしながら、環境汚染、ストレス社会で常に私たちは活性酸素004.gif
に侵されがちですが~
そんな時は「牛黄」に頼るのもいいですし、日々抗酸化作用のある食べ物で
立ち向かうのもいいですね♪
d0157946_15373844.jpg

そんな事を思いつつ、抗酸化作用のある野菜で夏向きのクラムチャウダーを
作ってみました。
本当は、冬瓜を入れたかったのですが、途中でゲリラ豪雨に合い、買い物断念007.gif
上海で買ってきた緑豆を入れて、あとは冷蔵庫にある野菜であきらめました・・・
ゆず酢をちょっと入れ、冷製スープにしても、すっきりしていて美味しいです
【緑豆】効能は清熱解毒、清暑利水で夏の代表的な食材。小豆よりも柔らかいので
ご飯に混ぜて炊いても、この時期Good!
[PR]
by edamomoA | 2010-07-12 15:52 | 夏の薬膳

はと麦de中華丼

はと麦を使った中華レシピです029.gif
中華丼の具材は冷蔵庫にある食材を使いました。おかげで冷蔵庫の中も整理でき、はと麦と野菜のパワーで体の中もデトックスされました。一石二鳥で体にもお財布にもやさしいですよ~

d0157946_1728685.jpg

はと麦のモチっとした噛みごたえのある食感たまりませんなぁ~
[PR]
by edamomoA | 2010-06-18 17:31 | 夏の薬膳

はと麦のお粥

毎日ジメジメしたお天気ですが、朝はしっかり食べる派です。
なんだか食欲ないな~と感じるときなど、お粥なら胃腸に負担をかけずにさらさら~と食べれてしまいます。

d0157946_1141245.jpg


洗い米にたっぷりのお水で約20分ぐらい炊きます。お米が柔らかくなればOK!
ゆではと麦(ゆで方は桃仁堂HPから)、ヤマイモでさらに胃腸を元気にしてくれます。

お粥を炊いている間に出かける準備ができるので、忙しい朝にもってこいのメニューです。
[PR]
by edamomoA | 2010-06-16 11:15 | 夏の薬膳

はと麦deミートソースドリア

紫外線が気になる今日この頃・・というかお年頃

恐るべき老化の原因は「活性酸素」004.gif
この「活性酸素」の原因の一つが「紫外線」です

まずは外からの紫外線対策!!ということで
超どデカサングラスを購入しました~

夏の紫外線に負けない美肌アップレシピ
はと麦deミートソースドリア
d0157946_10485080.jpg


ミートソース
大量に作り置きしたミートソースを解凍。なければレトルトでもOK

はと麦バターライス
ゆではと麦とごはんをバターで炒め、パセリをふる。
ゆではと麦の作り方は、桃仁堂HPをご参照ください。

グラタン皿に
はと麦バターライス→ミートソース→とろけるチーズ→粉チーズをふって
オーブントースター、またはオーブンで表面に軽く焦げ目が付く程度に焼く

はと麦の美肌・保湿効果と抗酸化作用抜群の野菜たっぷりミートソースで夏の強い日差しも乗り切れそう058.gif
[PR]
by edamomoA | 2010-06-14 11:09 | 夏の薬膳

はと麦de ラタトゥユ

もうすぐ関東地方、梅雨入りだとか・・・014.gif

そうはいっても、
いやだいやだとばかり、言ってられません!

ジメジメ梅雨を乗り切るためにせっせとはと麦食べてます。

病院に行ってもなかなか完治できないような頑固な水イボなど、
な・なんと!はと麦食べて治ったわよ!!
という嬉しいご報告をお客様から頂いて
ますます、はと麦パワーを感じている今日この頃です066.gif

本日は、
☆はと麦入りラタトゥユ
d0157946_14365847.jpg


冷蔵庫にある野菜(なす、にんじん、セロリ、玉ねぎ、マッシュルーム)、ベーコン、そして茹ではと麦を入れて
煮込むだけです。
水は一切いれず野菜の水分で旨味を凝縮しています。
調味料&味付けは、シンプルにオリーブ油、ニンニク、ローリエ、オレガノ、パセリ、塩、こしょうのみ

はと麦独特の香りが濃い味付けで消えているので、はと麦が苦手な人でもぺろりと食べれる
美味しいレシピです。

ちなみにはと麦はまとめて茹で、小分けにパックして冷凍しておくと便利!
はと麦のゆで方は桃仁堂のHPを参考にしてくださいね~
d0157946_14592313.jpg

[PR]
by edamomoA | 2010-06-11 14:52 | 夏の薬膳