ブログトップ

えだもも日記

edamomo.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

健康茶

残暑が続いているざんしょ~(暑さでおかしくなっている・・・)

暑い夏におススメのお茶をだしています。
韓国では、ドゥングレ茶、和名ではあまどころ、生薬名は玉竹(ぎょくちく)
d0157946_1822277.jpg

胃腸を保護してくれるので、夏バテ気味の弱った体にとても良いです。
韓国の市場で買ってきたドゥングレを使って、弱火でコトコト煎じてみたら
とっても美味しく、最高の出来上がりでした。

日本では、新大久保の韓国広場などで、ティーパックで購入することができます。
麦茶より薄い色で、味はクセがなく、ほのかに甘く、さっぱりしたお茶なのでぜひ~
[PR]
by edamomoA | 2010-08-27 18:31 | 薬膳茶

茶飯

久々、感動の逸品の出会いがありました。韓国の緑茶です。
その名も申珖秀茶(シン・グァンス)
完全無農薬の茶葉で炊いた茶飯は、まさにウナる美味しさです。
茶葉と塩だけのシンプルな味付けでこの上なく上品な旨味が
お口いっぱいに広がります。
d0157946_17355157.jpg

生命力のある茶葉丸ごと頂けるありがた~いごはん、パワーもらえます^^
冷めても美味しいし、お茶漬けにしてもこの時期さらさらっと~いいですねemoticon-0115-inlove.gif
[PR]
by edamomoA | 2010-08-26 17:58 | ヘルシー薬膳

薬味たっぷり なめろう

合わせ薬味を使った大好きレシピ☆
なめろう
薬味をたっぷり混ぜることで、鯵の生臭さを抑え、料理の味を引き締めてくれます。
しかも、薬味それぞれの辛み、苦みはミックスされて、複雑なうまみに変わるから不思議です。
お料理は足し算じゃなくて、掛け算なところがミラクルです☆
なめろうの名前の由来通り、なめるほどにこの時期とってもおいしく食べれる一品
残ったら、さんが焼きにしようと思ったけど、美味しすぎて全部食べてしまった・・・
d0157946_1444172.jpg

材料(4人分)
① 鯵(2尾)を3枚におろし、皮を剥き細かくたたく。
② ①に薬味(細青葱 2本、茗荷 1個、大葉 5枚、生姜 少々、味噌 大さじ3)、
  酒大1を加え、さらに粘りが出るまでたたく。
③ 千切り大葉をのせ、胡麻をかけて出来上がり

なめろうだけでも、極上のお酒のおつまみにもなるし、お酒の〆にお茶漬けとしても
最高なので、酒飲みにはたまりませんemoticon-0152-heart.gif
[PR]
by edamomoA | 2010-08-20 14:10 | 夏の薬膳

プチ断食

酵素ドリンクでプチ断食しました。
そうすると、胃腸が休まって、体元気♪
酵素パワーで新陳代謝UP~お肌もつるつる
そして一番嬉しいのは、なんといっても
味覚が敏感になって、次の日のご飯がまた美味しく食べられること!!

という感じで、特に食べすぎ・飲みすぎた日の翌日は、ファスティング(プチ断食)が
おススメです。
d0157946_18195212.jpg

焼き肉をたらふく食べてしまったので・・・・(反省)
お店には色々な酵素があるんだけど、今回は大高酵素を使って
効果はバッチリ!でも香りが・・・ゆず酢を入れると美味しくなります!おかげで体シャキ
[PR]
by edamomoA | 2010-08-18 18:39 | その他

きゅうり!きゅうり!きゅうり!

きゅうりの3段活用です。
今年の夏は、殺人的に暑いので例年以上にきゅうり、食しました。
なんといっても、断トツNo.1 は
「ぬか漬け」
d0157946_1735396.jpg

汗で流れたビタミン・ミネラルをぬか漬けで取り返します。
ぬか漬けで食べたほうが断然栄養もおいしさもアップ
夏はやっぱり、なす&きゅうりが一番です。

そして、次は「キュウリの中華和え」
d0157946_1740514.jpg

今巷で話題のラー油を使って、中華風に

最後は、常備菜「ピクルス」
d0157946_1753634.jpg

タルタルソースや卵サンドの具に入れたり、付け合わせにちょこっと
お酢は専ら、千鳥酢です。酸味がちょうどいいんです
[PR]
by edamomoA | 2010-08-16 18:09 | 夏の薬膳

じっくり煮込んだチキンカレー

大量の玉ねぎを約1時間ほどじっくり炒めると、こんなに小さく飴色になります。
このあめ色玉ねぎがとーてもいい仕事をしてくれるのです。
どんなに暑くても、疲れても手を休めてはいけないのです!エアコンフル稼働で(汗)
焦がしたら、苦味が出るし、飴色にならないと甘み旨味出ないしぃ・・
d0157946_20302143.jpg

やっぱり、カレーは2日目あたりが食べごろ~美味しくな~れ♪
d0157946_2033332.jpg


①骨付き鶏肉(600g)を塩・こしょう・ガラムマサラ・小麦粉で下味をつけ、皮にパリッと
焦げ目がつくまで焼く
②鍋に油で超みじん切りしょうが、超みじん切りにんにくを炒める→あめ色玉ねぎ(2個分)
→赤ワイン(1/4カップ)→ホールトマト(100g)→カレーパウダー(大2)
→水(4カップ)・チキンキューブ2個・クミン(適量)・ウスターソース(小2)
→①の鶏肉&くし型に切った玉ねぎ(1個)
→すりおろしジャガイモ(1個)&りんご(1/4個)の順番で30分ぐらい煮込む
③塩で味を調整する。煮込めば煮込むほど、これ旨し!
夏の暑さを吹き飛ばすカレーで、残暑乗り切るべし!
[PR]
by edamomoA | 2010-08-15 21:12 | 夏の薬膳

万願寺とうがらし&トマとのナムル

万願寺とうがらしは、いわゆる「京野菜」
ナムルにすることで、和食と韓国料理の融合?か

万願寺とうがらしに、小麦粉をつけて蒸すと
トゥルリンとした♪おいすぅい食感になります。←ここポイント
d0157946_14245217.jpg

簡単工程emoticon-0136-giggle.gif
乱切りにした万願寺とうがらしを小麦粉でまぶし→蒸し→薬念であえる

薬念
醤油、みじん切りしょうが、みじん切りにんにく、みじん切りねぎ、みりん、いりゴマ、
ごま油、酢
すべてお好みで適量
[PR]
by edamomoA | 2010-08-14 14:28 | 韓国薬膳

甘酢みょうが oishii

な~んて豊かな色なんでしょう~
d0157946_21453110.jpg

みょうがは、ゆでて甘酢につけるととっても美しいあけぼの色に染まります。
まさに、和の色!この色を見るたびに、夏を感じ、短い季節の中でしか味わえない
幸せを感じます。

みょうが(8個ぐらい)の軸に十文字の切り目をいれ、約3分ゆで
甘酢(酢1/3カップ、水1/4カップ、砂糖大1 1/2、塩小1/4)
に漬ける。
d0157946_2251298.jpg

夏ばて気味の体を、しゃきっとさせてくれます。
しょうが、みょうが、ゴマ、梅、じゃこ、きゅうりで夏ごはん
[PR]
by edamomoA | 2010-08-12 22:06 | 夏の薬膳

とうもろこしスープ oishii

まだまだ残暑厳しい今、
キッチンでなるべく暑い思いをせず、手早く、美味しく食べられる一品。

d0157946_1044511.jpg

ピューレ―状にした生トウモロコシを和風のお出汁でのばしたコーンスープ。
だし汁の割合を多くすると、のど越しよろしく、食欲のない朝でも美味しく
いただけます^^ちょっと面倒でも、しっかり出汁をとるのが美味しさの秘密☆
温めても、冷たくしてもGood!モロコシの甘さがイイ感じです~

① とうもろこし(1本)を、生のまま包丁でそぎ落とし、ミキサーでピューレ―状にする。
② お出し(2カップ~2と1/2カップ)に、①と酒(大1)を混ぜて、煮立てて塩コショウで
   味を整える
③ ②に水溶き片栗粉でとろみを加えながら、1~2分ほど煮る。
   松の実をトッピングしましたemoticon-0115-inlove.gif
[PR]
by edamomoA | 2010-08-11 11:00 | 夏の薬膳

夏バテ予防にカレーなる揚げトン

もうすぐ立秋(8/7)を迎えますね~
暦の上では秋ですが、残暑厳しくそろそろ夏の疲れがたまる時期だと思いますemoticon-0106-crying.gif
体調を崩しやすくなるので、無理は禁物!
特に今年の夏は例年以上に暑く、体力を消耗された方も多いのでは~
そんな夏バテさんにおススメな食材は、ズバリ「豚肉」。
豚肉には疲労回復の効果があるビタミンB1が多く含まれているのが特長です。
しかもこのビタミンB1は、にんにく・ねぎ・玉ねぎなどと一緒に摂ると、体内での吸収がぐ~んとアップ。
豚肉を食べるときは、薬味と合わせて食べるのがとーても賢い食べ方なんです。

今回ご紹介するレシピは、その名も「カレーなる揚げトン」。
やっぱりたんぱく質は大事です!
カリッ、サクッ、ジューシーな豚の旨味と柑橘の酸味が食欲そそります~♪
d0157946_18114930.jpg

材料 ( 2人前 )
豚ひれ肉 200g  (代謝促進・疲労回復)
レモン(柑橘類なら何でも) 1/2個  (ビタミン補給で抗酸化)
ルッコラ(緑のものなら何でも) 適宜
■片栗粉 適宜
■ ・・・肉下味・・・
カレー粉  大1
醤油  大2
オイスターソース 大1
ニンニク 1かけ(ビタミンB1の吸収さらにアップ)
■ ・・・ドレッシング・・・
玉ねぎのみじん切り  大1 (ビタミンB1の吸収さらにアップ)
醤油 大1
ごま油 小1
ゆず酢 大1
砂糖 小1/2

1、豚ひれ肉を2cmの厚さに切る
2、肉に下味を15分ほど漬け込む
3、2に片栗粉をまぶし、中火で揚げ、熱いうちに食べやすい大きさにカットする
4、お皿にルッコラと食べやすい大きさにスライスしたレモン、お肉を盛り、ドレッシングをかける
[PR]
by edamomoA | 2010-08-06 18:19 | 夏の薬膳